Wordpressで画像修正できなくなった原因はプラグインでした

こんには、サイト運営者アフィリジャパンのゆうです。
今回でアダルトアフィリエイト無料講座もステップ24までになりました。
今回はWordpressの不具合について紹介します。

 

2018年5月に私のパソコン上で
Wordpressで記事を書いている最中に画像修正が出来なくなってしまいました。

 

また、プラグインかなと思い、
全部のプラグインを停止して再度試してみましたが結果はダメでした。

 

大概はプラグインをインストールした際に、
何かが要因で不具合が生じるのですが、今回は違ったみたいです。

 

そこで、事前になにか不具合を生じるようなことはしていないか
思い起してみましたが、他には思い当たりません。

 

WEB上で、散々さがしたあげく、
同じような症状の方をやっと見つけて、原因がわかりました。

 

その結果が、やっぱりプラグインでした。
停止しても、治らないこともあるんですね。


原因のプラグインとはTinyMCEでした

 

Wordpressの多くの人が利用しているプラグインだと思います。
文字や画像の編集のときに役立つツールですね。
皆が安心して利用しているプラグインなので、まさかと思いましたが
どうやら、バージョンアップしてから不具合が生じたようです。

 

では、なぜあまり問題にならずにいるのかというと、
どうやら、Google ChromeやInternet Explorerを
使用している方には問題なく作動していたんですね。

 

不具合を生じていたのはMicrosoft Edyを使用している人だけだったんです

 

しかも、プラグインを停止してもサーバーにある以上、
その画像修正できないという原因は治らないということで、
なかなか、原因究明もわからない状況でした。

 

私も、結構わかるまで時間を費やしました。

 

※もし、Wordpressで不具合を生じた場合には、まずは事前に何をしたか思い出すこと
※プラグインを停止して確認してみること

 

※それでもわからないときには、ネットで同じ状況を文章にして検索してみてください。
同じような状況のかたが、対処方法をサイトで解説していることがよくあります。

 

まとめ

Wordpressやプラグインのバージョンアップは、4〜5日置いてからバージョンアップてもよいかもしれません。
まれに、Wordpress自体動かなくなる事もあるみたいです。
今は、レンタルサーバー側で、14日間自動バックアップされている所が多いので
大丈夫だとは思いますが、それでも、何かあったときはパニックになりますからね(#^.^#)
(中にはセキュリティーに関するバックアップもあるので、その時は直ぐにバージョンアップはしたほうがいい時もあります)

 

以上で、アダルトアフィリエイト無料口座step.24「Wordpressで画像修正できなくなった原因は?」の解説は終了です。
最後までお読みいただきありがとうございました。