アダルトアフィリエイト無料講座Step.3「ドメインとサーバーの選択」

ドメイン取得,レンタルサーバー登録

独自ドメインとレンタルサーバーの選択も結構重要な部分になります。
特にレンタルサーバーの選択は非常に重要になってきますので慎重に選びましょう。
レンタルサーバーは、使いづらいから別のサーバーへと何回も変えるようなものではありません。
特にWordpressでサイトを運営する方はレンタルサーバーの乗り換えは非常に面倒になってくるので気を付けましょう。
 ※乗り換えをする手間だけでも結構時間かかります(私の経験からも(#^^#))


独自ドメインの取得

独自ドメインは、どこから取得してもいいのですが、
出来ればドメインはアフィリエイトを長くするようになると、
10個、20個は普通に持つようになってきます。

 

個人で100個とか持っている人も普通にいらっしゃいます。(私も50個以上取得しています)
ただ、様々なところから取得すると管理が大変になってきます。

 

特に、1年ごとの更新などにしていると、
更新のし忘れなども起きてくるので、一つの会社から取得することをお勧めします。

 

レンタルサーバーの会社では、ドメインも取り扱っている会社が多いので、
ドメインもサーバーも同じにすると楽かもしれません。

 

私の場合は、一番安い「お名前.com」の1社を利用していますが、
今となっては、エックスサーバーにすれば良かったと思っています(#^.^#)

 

どこの会社でも、取得方法はほとんど変わらないと思いますので、
今回は私の利用しているお名前.comのドメインを取得してみましょう。

 

このアダルトアフィリ無料塾のために取得して見ようと思います。
その取得手順をご紹介します。
今回は、私が一番利用している「お名前.com」というところから取得してみましょう。

 

独自ドメインを取得してみましょう

まずはこちらをクリックして、公式ページへ移動します→お名前.com

 

取得可能なドメインをチェック

今回の講座では精力剤というテーマで進めていく予定なので、
@の部分に「精力剤」と打ち込んでで検索をクリックしてみましょう

 

ドメイン取得,レンタルサーバー登録

ドメイン取得,レンタルサーバー登録

精力剤では、あまりメジャーではない.onlineというドメインしか取得できませんでした。
そこで、今度は「男性用サプリメント」で打ち込んでみましょう。

 

ドメイン取得,レンタルサーバー登録

ドメイン取得,レンタルサーバー登録

「男性用サプリメント」では、「.net」「.biz」「.jp」などが取得できます。
本当は「.com」を取得したかったのですが、すでに利用者がいました。
「.jp」もいいのですが価格が取得時点ではあまり高くないのですが、
1年後の継続で結構高くつきます。
今回は「.net」で取得してみたいと思います。

 

ドメイン取得,レンタルサーバー登録

 

ドメインを取得します

申し込み画面です。
1年契約か、それ以上を選択できますが、
自動更新もありますので、今回は1年契約でいいと思います。

 

大事なのは、Whois情報公開代行の部分です。
無料ですので、ここには必ずチェックを入れましょう。

 

入れないと、ドメインをチェックされると自分の個人情報が公開されてしまいます。
情報開代行にしておけば、お名前.comさんの情報が代理で公開されるので安全です。
チェックを入れたら、Aの部分に初めての方はチェックをいれて、支払い画面へと進んで下さい

 

ドメイン取得,レンタルサーバー登録

ドメイン取得,レンタルサーバー登録

これで申し込みが完了しました。
結構簡単でしたね。
では、今度はサーバーに登録するための手順を紹介します。

 

ドメイン取得,レンタルサーバー登録

 

ネームサーバーの変更を行いましょう

お名前.comのレンタルサーバーをご使用ならネームサーバーの変更は必要ありませんが、
今回はアダルト可能のレンタルサーバーが必要なので、フトカに設定してみます。
まずは、前の画面の下の方に「ドメインNaviTOPへ」のボタンがありますのでクリックして進みます。

 

ドメイン取得,レンタルサーバー登録

ドメイン取得,レンタルサーバー登録

お名前.comのドメインをFUTOKAのサーバー側へ変更申請します。
「ドメインの設定」→ネームサーバーの変更」をクリックします

 

ドメイン取得,レンタルサーバー登録

ドメイン取得,レンタルサーバー登録

先ほど取得した「男性用サプリメント.net」にチェックマークをいれて次に進みます。

 

ドメイン取得,レンタルサーバー登録

ドメイン取得,レンタルサーバー登録

「他のネームサーバーを利用」から
 @1プライマリネームサーバーの部分に ns.futoka.jp と打ち込みます。
 A2セカンダリネームサーバーの部分に ns2.futoka.jp と打ち込みます。
※この部分はサーバーによって違いますのでご注意ください。
分からないときはサーバー側に問い合わせればすぐに教えてくれます。
最後に、確認画面に進むをクリックします。

 

ドメイン取得,レンタルサーバー登録

ドメイン取得,レンタルサーバー登録

チェックして合っていれば「設定する」をクリックしてください。

 

ドメイン取得,レンタルサーバー登録

ドメイン取得,レンタルサーバー登録

これで、FUTOKAへネームサーバーの変更が完了しました。

 

ドメイン取得,レンタルサーバー登録

レンタルサーバーの取得

最近、特にアフィリエイターに限らずサイト運営される方には、
重要となってくるものに、SSL化というものがあります。

 

サイトデータを暗号化することで安全なサイトとして運営させることをいいますが、
詳しくはこちらで説明しています。

 

今後は最低限SSL化されていることが、
サイトの順位に影響してくることは間違いありません。

 

今回は、ドメインを登録した時点で、
自動でSSL化されるようになったFUTOKAについてご紹介します。

 

FUTOKAへの申し込み方法はこちらからどうぞ
(2週間無料お試し期間があります)→フトカレンタルサーバー

 

すでにFUTOKAに登録していることを前提に、
ドメインを登録する方法をご紹介しましょう。

 

FUTOKAへドメイン設定する方法

すでに、ドメインのネームサーバー変更はしていますので、FUTOKAのコントロールパネルから、ドメイン設定をします

まずは、コントロールパネルを開いたら、サーバーパネルのログインをクリックします

 

ドメイン取得,レンタルサーバー登録

ドメイン取得,レンタルサーバー登録

左側のメニューに「ドメイン設定」という部分があるのでクリックしてください。

 

ドメイン取得,レンタルサーバー登録

ドメイン取得,レンタルサーバー登録

上部にある赤いボタン「ドメインの追加設定」をクリックします

 

ドメイン取得,レンタルサーバー登録

ドメイン取得,レンタルサーバー登録

ここで、お名前.comで取得していたドメインを入力していきます
@には「他社で取得したドメインを追加」を選択
Aにはドメイン名を入力
Bにはご自分で自由に決めてよいのでパスワードを半角英数字で入力します。
必須ではありませんとありますが、様々なセキュリティ面からも決めておいた方が良いかと思います。
確認してよろしければ最後に、STEP.2のボタンをクリックしてください。

 

ドメイン取得,レンタルサーバー登録

ドメイン取得,レンタルサーバー登録

ここで、改めてドメインのチェックをしてよろしければ
「ドメインの追加(確定)」をクリックします。

 

ドメイン取得,レンタルサーバー登録

ドメイン取得,レンタルサーバー登録

ドメインの一覧で確認してみると、しっかり追加されていることが確認できました。
また、このドメインはすでにSSL化されてますので、頭にはhttpsから始めて大丈夫です。

 

ドメイン取得,レンタルサーバー登録

 

メールアカウントも取得しておきましょう!

せっかくですから、ドメインを登録したついでに、
ドメイン名で作成できるメールアカウントも取得しておきましょう。

まずは、サーバーパネルの左側メニューの下の方にある「メールアカウント設定」をクリックします。

 

ドメイン取得,レンタルサーバー登録

ドメイン取得,レンタルサーバー登録

@の部分は、メールアカウントの頭の部分になります。無難に「info」と打ち込みます。
Aの部分は、取得したドメイン名を選択します。
Bの部分は、自分で自由に決めたパスワードを打ち込みます。
(1文字以上は必ず大文字の英字を入れるようにします)
最後に「メールアカウントの作成」をクリックしてください。

 

ドメイン取得,レンタルサーバー登録

ドメイン取得,レンタルサーバー登録

確認の画面です。打ち込みに間違いないか確認して、
最後に「メールアカウントの作成(実行)」をクリックします。

 

ドメイン取得,レンタルサーバー登録

ドメイン取得,レンタルサーバー登録

メールアカウントの一覧で、追加されたいるのが確認できます。
これで、アフィリエイトサイトの運営の際の連絡先に使用することが可能になりました。

 

ドメイン取得,レンタルサーバー登録

 

 

長くなりましたが、アダルトアフィリエイト無料講座STEP.3の「ドメインとサーバーを選択」の説明は以上になります。
次回のSTEP.4では、サーバーにWordpressを導入する方法をご紹介します。