初心者でも簡単にワードプレスをバックアップ出来る

ワードプレス バックアップ方法

ワードプレスのバックアップとういと、プラグインで「BackWPup」を利用しましょうというサイトを多く見かけます。
でも、初心者にはかなりハードルが高いですよね。

 

私も、最初の頃は、バックアップまでは出来るんですが、復元となると難しくてできませんでした・・・・
どうすれば良いのか、どこをみても、難しいことばかり書いてあって、もう、頭は爆発寸前でした(*^_^*)

 

そこで、簡単にバックアップできる方法はないかと探し回りました。
そして、私が探し求めていたバックアップ方法が見つかったのです(笑)

 

ワードプレスのバックアップはレンタルサーバーにお任せ

その方法とは、レンタルサーバー内でバックアップするとうい方法です。
詳しいかたから言わせれば、サーバー側がいかれたら終わりじゃんと言われそうですが、サーバーがいかれることは数少ないのと、

 

さらに、レンタルサーバー側では毎日バックアップをとっているのでほとんどのレンタルサーバーは復活するので大丈夫と私は思っています。

 

私がお勧めするのは、簡単にバックアップが取れるFUTOKA(フトカ)のレンタルサーバーとエックスサーバーのレンタルサーバーです。

 

 

今回は、アダルトも出来るレンタルサーバーとして、
このサイトでおすすめしているFUTOKAのバックアップについてご紹介しましょう。

 

ワードプレスはFUTOKAで簡単バックアップ

今回は、レンタルサーバーとしてFUTOKAを利用していることを前提にお話します

 

まずは、FUTOKAのコントロールパネルから、サーバーパネルにログインします

 

サーバーパネル左上のバックアップをクリックして下さい

 

直ぐにバックアップのページが表示されます

@ホームディレクトリバックアップ
Aデーターべースのバックアップ
Bメール転送のバックアップ
それぞれ、個々に青い部分をクリックするとバックアップが開始されます。
バックアップの登録先もしっかり把握しておきましょう。

 

バックアップが開始されると、こんなページが表示されます

前のページにパスワードが表示されてますので、
パスワードを打ち込んで、オレンジの部分のクリックと表示された部分をクリックします。

 

これで、バックアップは完了です

同じように、個々に全部バックアップしておきましょう

 

FUTOKAのレンタルサーバーでバックアップの復元

FUTOKAのコントロールパネル左上に表示されている「cpanelログイン」をクリックします

 

英語ばかりのページが表示されますが大丈夫です

まずは、赤で囲まれた部分をクリックしましょう

 

次は、「Backups」という赤で囲われた部分をクリックして下さい

 

こんなページが表示されたら、それぞれ、「ホームディレクトリ」「データーベース」「メール転送」の部分で、参照ボタンをクリックして下さい

前にバックアップしておいたファイルを開いて、「upload」をクリックすれば、これでバックアップ完了です!!

 

いかがでしたか?
バックアップ簡単でしたね!!
ワードプレスだけでなく、サーバー全体のバックアップになりますが、これなら誰でも簡単にバックアップが出来ます

 

今のレンタルサーバーは、自動でバックアップされます!!

ご紹介したFUTOKAは自分でバックアップすることが必要でしたが、
mixhostなら2週間自動でバックアップされるので、
2週間以内であれば、気が付いた時点で復旧することが可能です。
他の、サーバーも同じような対応の所が多くなってきているので、ご利用前にチェックしておきましょう。

 

mixhostの公式ページはこちらです。→MixHost