SIRIUS2のアップロードの時間を測ってみた結果は?

SIRIUS2では、アップロードの時間が大幅に短縮されたと言われています。

 

今までの旧SIRIUSでは、このサイトを全体アップロードすると、
サーバーの状態にもよりますが、13分から15分ほどかかっていました。

 

全体をアップロードする場合には、忙しい時間帯を避けてアップロードし、
アップロードの間には、他の仕事やコーヒータイムにしていたほど時間がかかっていました(*^_^*)

 

もちろん、このサイトで言えば、

ページ数:240ページ
文字数:約20万文字以上
画像数:約1000枚以上

これだけの規模なので、時間がかかって当然です。

 

では、今回のSIRISU2では、どれだけ時間短縮されているのか、実際に測って検証してみましょう。

 

通常の「全てのファイル」でアップロードしてみます

サーバーはエックスサーバーを使用して、アップロードにかかった時間は、4分50秒ほどでした。
以前の3分の1位に短縮されました。
もっと、規模の小さいサイトであれば、2〜3分で完了すると思います。

 

超即アップロードで検証してみた結果は?

1分50秒ほどの所で、アップロードに失敗してしましました。
サーバーがビジー状態なのかと思い、しばらくしてから、再度アップロードしてみましたが、同じく失敗でした。
SIRIUS2のマニュアルでは、失敗になる原因は、サーバ―側がPHPに対応していないか、PHPを使用しているので、短時間で使用すると制限がかかったり、サーバーに負荷がかかってしまい失敗するケースがあるという事でした。

 

超速アップロードに関しては、小さな規模のサイトでは、1分かからずにアップロード出来ましたので、やはり、余りにも多くの情報を急速にアップロードすることによるサーバー側への負担が原因だと思いました。

 

最後に、普通にアップロードしても、かなり時間短縮されていると感じました。
また、更新した記事だけの「クイック更新」では、1分もかかりません。

 

SIRIUS2アップロードの時間を検証した結果をご覧になり、いかがだったでしょう。
私は、非常にとは言いませんが
満足しています(*^_^*)