SIRIUSで年齢認証ページを作成する方法

SIRIUSで年齢認証ページを表示させる手順

年齢認証ページ,SIRIUS 年齢認証,jquery 年齢認証

 

SIRIUSを使っている方で、年齢認証ページを表示させることが出来ずに困っている方が多く見かけましたので、今回は簡単な方法をご紹介したいと思います。
方法としては今回JQueryを使用します。そこでまずは、JQueryとは何なのかということからご説明しましょう

JQueryとは

年齢認証ページ,SIRIUS 年齢認証,jquery 年齢認証

まずJQueryとJavaScriptはほぼ同じ働きをしています。
ページの内容を認証したり、ページを動かしたりなど、HTMLだけでは難しいところを補ってくれます。
そして、JavaScriptの機能だけでサイトは作れますが使い方が複雑で、簡潔にするためにJQueryが現れたと言われています。
超簡単に説明いたしましたが私も詳しいことはわからないので、本題の年齢認証ページの表示方法をご紹介しましょう(#^^#)

SIRIUSで年齢認証ページを作成する方法

JQueryをインポート

1.まずはSIRIUSの《テンプレート》→《HTMLテンプレート編集》→《トップページ》を開きます
2.<head></head>の間に下記のように打ち込みます

※クリックすると拡大されます

 

これで、まずはHTMLに2つのファイルjquery.validate.min.jsと jquery.min.jsを読み込ませることが出来ました

 

JQueryを使います

1、CSSでボックスを表示させます
先ほどの<head></head>の間に打ち込んだ後に下記をさらに打ち込んでください

※クリックすると拡大されます

 

2.ボックス内に内容とボタンを表示させます
<body></body>内に下記を打ち込みます

※クリックすると拡大されます

 

 

これで終了です。
下の画像のように表示されているはずです。
ボックスの表示は、あとはCSSなどを勉強して書き直してください
とりあえず、これでトップページへの年齢認証表示が出来たと思います。
今の段階ではトップページだけなので、全ページに表示する場合には、《テンプレート》→《HTMLテンプレート編集》から、カテゴリーページとエントリーページにも同じように打ち込めば表示されます。

 

SIRIUSで年齢認証ページを作成する方法

 

最後までお読みいただきありがとうございました